Home » 教育機関向けサービス » 卒業生インタビュー(美容部員)

卒業生インタビュー(美容部員)

永峯 江莉さん
PAUL&JOE様に就職

Q1.メイクを学ぼうと思ったきっかけは

昔から化粧品が好きだったので、百貨店には良く来ていました。
そこで見る綺麗な美容部員さんに憧れていて、将来は美容部員さんになりたいと思いメイクを勉強しようと思いました。

Q2.在学中の苦労・努力・工夫はありますか?

メイクは好きなので、特に苦労などはありませんでした。
在学中に努力したことと言えば、資格を取ることでした。
メイクをする上では、勉強しておくべきだと思った、メイクセラピー検定やパーソナルカラー検定の資格を取得しました。

Q3.就職に至るまでの秘訣は何ですか?

ブランドの研究をすることです。

Q4.SOLの面談で為になったことは?

ブランドごとの傾向や対策を教えて頂いて、とても役に立ちました。

Q5.SOLの研修でためになったことは?

履歴書の書き方や自己PR文の書き方などを、詳しく教えて頂いたので為になりました。

Q6.これから就職活動をする方へのアドバイスは?

百貨店に足を運び、希望ブランドの接客方法やメイク方法を研究すること。
会社のイメージにあった人材はどんな人なのか?ということを直接美容部員さんに聞いて研究して下さい。

Q7.就職までの流れを教えてください

私は2社目で就職が決まりました。
ブランド研究は学校に入学してからすぐに始め、卒業3カ月前くらいから本格的に活動を始めました。

Q8.この仕事のやりがいは何ですか?

お客様が綺麗になって帰っていかれる姿を見たり、「また来ます!」とおっしゃって頂けた時です。

スチューデント・サロン
「ミューダ」Blog

参加プログラム生による、ブログ記事もご覧ください。